そばかす?肝斑?シミの正体を見極めるポイントとは

そばかす?肝斑?シミの正体を見極めるポイントとは

頰のあたりにうっすらできている黒い影。これってそばかす?それとも、うわさの肝斑(かんぱん)……?シミにはいくつかの種類があり、その正体に合ったケアをしないと悪化させてしまうこともあるのだそう。そこで今回は、あなたの顔にできたシミの正体をしっかり見極めるためのポイントを紹介します。

肝斑の特徴は「左右対称」


目の周りから少し離れた位置に左右対称にできるのが肝斑の特徴です。濃さは全体的に均一で、30代以降の女性によく見られます。閉経とともに消えたり薄くなったりすることから、その発生には女性ホルモンが関係しているとも言われます。紫外線対策や美白ケアではなかなか消えないことも特徴のひとつです。

左右対称といっても、肝斑ができる範囲はさまざま。小さい場合は、目尻の下あたりやこめかみ近くに広がっているだけ。もう少し大きくなると、頬骨に沿って細い筆でなぞったように広がることも。さらに大きな肝斑になると、頬骨からもっと下のほうまでぼんやりとしたした形に広がることもあります。左右対称に広がるため、真正面から見ると蝶々のような形に見えます。広い範囲に肝斑ができると、顔色が悪く、くすんで見えることもあります。

頬以外では、額や鼻の下、口の周りに肝斑ができることも。また、頬骨沿いにできた肝斑でも、ほかのシミと重なってできたりすると見極めにくいので要注意です。

そばかすは淡褐色の小さなシミの集合


鼻を中心に、小さな斑点が顔全体に散らばったように現れるのがそばかす。雀卵斑(じゃくらんはん)とも言います。大きさは小さく、だいたい米粒ほど。淡い褐色で不規則な形をしています。顔以外のところにできることもあります。

そばかすの多くは遺伝によるものと言われていて、幼いころから出現することが多く、思春期ごろにとくに目立つようになりますが、加齢とともに薄くなることも多いようです。また、紫外線の影響で濃くなることもあるため、紫外線対策を取り入れるのが大切です。

そのほかのシミの特徴は?


シミには他にも、こんなタイプがあります。

・老人性色素斑
比較的大きなシミで円形のことが多く、日光黒子(にっこうこくし)とも言います。最初は薄い褐色ですが、しだいに濃く、大きくなっていくことがあります。肌老化が始まる30代から中年以降に多く見られます。発生の原因は紫外線や皮膚の老化と言われます。紫外線を受けやすい手の甲や腕にもできやすいシミです。

・炎症後色素沈着
ニキビや虫刺され、アトピー性皮膚炎などによる肌トラブル・炎症の後にできるシミです。他にも、やけどやかぶれ、ケガ、化粧品による炎症などが原因となることも。皮膚に炎症が起きると、活性酸素が発生してメラニン色素がつくられます。炎症が治り、皮膚の赤みが引いた後にこのメラニン色素がシミとなって残ったものが炎症後色素沈着です。

シミの色は薄い褐色から黒っぽい褐色までさまざま。シミの形も炎症やキズの形、炎症の度合いによって変わります。年齢や性別に関係なく現れ、顔以外にもできることも多い症状です。

・後天性メラノサイトーシス(ADM)
大人になってから顔の両側に発生するあざの一種。小さな丸いシミのようなものが主に頬、鼻、こめかみ、ひたいに散らばったり、集まったりして現れます。頬のあたりに左右対称にできるため、肝斑と間違えられることもありますが、色味に大きな特徴があります。このシミは、通常の褐色のシミとは異なり、特徴的なグレー、紫、青などの色味が見受けられるものが多いです。その他にもこのシミ独特の特徴があるため、診断に迷ったら皮膚科医に相談するのが良いと思います。


ある日鏡を見て「ウソっ!!シミができた……」と思っても、むやみに美白アイテムを投入したり、いきなりレーザー治療を試みたりするのはNG。まずはシミの種類を正しく見極めて、それに合ったケアを取り入れましょう。上述の通り、見極めが難しいシミもあるので、不安がある場合は1人で悩まず、早めに皮膚科医に相談しましょう。

<参考・参照元>
シミの種類を見るお肌ギャラリー「肝斑(かんぱん)」とは|トランシーノII[第一三共ヘルスケア]
【医師監修】ひとつじゃない?シミの種類とメカニズム | スキンケア大学
【医師監修】シミとそばかすの違いって?今より濃くしないためのケア | スキンケア大学
4/4 気になるシミの種類、原因、治療法を知る1 [スキンケア] All About|All About Beauty


-----------------------------------------------------------
フラーレン美ラボ公式 Instagramも更新中★
【ID】@fullerene.beauty で検索してみてくださいね。
Instagramでは、フラーレン配合化粧品のレビューやフラーレンの豆知識をご紹介しています。
-----------------------------------------------------------

ACCESS RANKINGアクセスランキング

目指すは左右対称!顔のゆがみを整えるセルフ美顔術

ビューティー

目指すは左右対称!顔のゆがみを整えるセルフ美顔術

フラーレン配合コスメ体験レポート ~トゥヴェール「水溶性フラーレン」~

フラーレン女子部

フラーレン配合コスメ体験レポート ~トゥヴェール「水溶性フラーレン」~

コスメの効果を実感するためには使い方が重要!

フラーレンとは?

コスメの効果を実感するためには使い方が重要!

知って得する! フラーレンのロゴマークについて

フラーレンとは?

知って得する! フラーレンのロゴマークについて

10年後キレイでいたいなら、今すぐやめて! オバサン化を加速させる5つのNG習慣

ビューティー

10年後キレイでいたいなら、今すぐやめて! オバサン化を加速させる5つのNG習慣

話題の美容成分『フラーレン』って何? 実はあの宝石と一緒!?

フラーレンとは?

話題の美容成分『フラーレン』って何? 実はあの宝石と一緒!?

男性は気づく「おばさん肌」の恐怖!  質問に答えてあなたの「おばさん老け」度をチェック!

ビューティー

男性は気づく「おばさん肌」の恐怖! 質問に答えてあなたの「おばさん老け」度をチェック!

フラーレンでお悩み解決 ~毛穴~

フラーレンとは?

フラーレンでお悩み解決 ~毛穴~

美白への近道?!クリニックのケアを体験してきた!VOL.1

フラーレンとは?

美白への近道?!クリニックのケアを体験してきた!VOL.1

相性抜群!ビタミンCとフラーレンで最強エイジングケア

フラーレンとは?

相性抜群!ビタミンCとフラーレンで最強エイジングケア

【Q17】たるみやくすみに直結する?!糖化やカルボニル化を避ける方法が知りたい!|ビューティQ&A

ビューティー

【Q17】たるみやくすみに直結する?!糖化やカルボニル化を避ける方法が知りたい!|ビューティQ&A

紫外線から肌を守る!日焼け止めに最適な「サンガードフラーレンA」

フラーレンとは?

紫外線から肌を守る!日焼け止めに最適な「サンガードフラーレンA」

55歳でノーファンデ!ドクターリセラ 城嶋杏香さんにインタビュー~美肌の救世主「フラーレン」の魅力とは

化粧品のヒミツ

55歳でノーファンデ!ドクターリセラ 城嶋杏香さんにインタビュー~美肌の救世主「フラーレン」の魅力とは

知って得する!それぞれの抗酸化成分の違いと特長

フラーレンとは?

知って得する!それぞれの抗酸化成分の違いと特長

肝斑はシミの一種!肝斑の治療法とシミのメカニズムを徹底解説

ビューティー

肝斑はシミの一種!肝斑の治療法とシミのメカニズムを徹底解説