長く続く効果がフラーレンの魅力

長く続く効果がフラーレンの魅力

エイジングケア美白ケアのどちらにも抗酸化ケアは効果が出やすいといわれています。抗酸化のケアにも様々な方法があり、肌へのアプローチの方法も違います。
抗酸化剤のアプローチと効果が出やすいエイジングケア方法をご紹介します。



有名な抗酸化剤の特徴


有名な抗酸化剤といえば、ビタミンCビタミンEカロテノイド(アスタキサンチンなど)です。(参照:化粧品技術社会HP )
これらの抗酸化剤は大変強い活性酸素消去能をもっていますが、それゆえに空気に触れるとすぐに抗酸化力を発揮し、自らが酸化されるため効果が失われてしまう場合もあります。最悪の場合、活性酸素に変化してお肌を攻撃してしまうこともあるようです。

フラーレンは長持ち


一方、フラーレンは、一般的な抗酸化物質とは違い、ユニークな構造をしていることから、活性酸素を無害化しても効果が失われにくいと言われています。
それを検証した実験があります。

細胞に紫外線を5回照射したところ、照射毎に活性酸素は増えていきました。そして、5回目の照射終了後に17時間放置したところ、活性酸素は5回目の照射直後から増え続け、5倍以上となっていました。ビタミンC誘導体ビタミンEフラーレンを入れておいたそれぞれの細胞を確認したところ、フラーレンを入れていた細胞がダントツに活性酸素の発生を抑えていたのです。

また、フラーレンは細胞死亡を誘発する酵素の発生を24時間以上抑えたという実験結果も出ています。この研究の成果は、国際科学誌『Journal of Photochemistry and Photobiology B: Biology』2016年10月号Volume 163(22-29)に掲載されました。


フラーレンと相乗効果があるビタミンC


フラーレンは、ビタミンCと一緒に使うことでコラーゲン繊維の発現を増やしたり、より多くの活性酸素を消去する作用を持っていることがわかっています。
瞬発力のあるビタミンCと持続力のフラーレン、合わせて使うことでより効果的なエイジングケア・美白ケアにつながります。

TAG

ACCESS RANKINGアクセスランキング

話題の美容成分『フラーレン』って何? 実はあの宝石と一緒!?

フラーレンとは?

話題の美容成分『フラーレン』って何? 実はあの宝石と一緒!?

八重洲形成外科・美容皮膚科 原かや院長に聞く!正しい日焼け止めの活用法

ビューティー

八重洲形成外科・美容皮膚科 原かや院長に聞く!正しい日焼け止めの活用法

55歳でノーファンデ!ドクターリセラ 城嶋杏香さんにインタビュー~美肌の救世主「フラーレン」の魅力とは

化粧品のヒミツ

55歳でノーファンデ!ドクターリセラ 城嶋杏香さんにインタビュー~美肌の救世主「フラーレン」の魅力とは

知って得する! フラーレンのロゴマークについて

フラーレンとは?

知って得する! フラーレンのロゴマークについて

フラーレン配合コスメ体験レポート ~ビューティーモール編2~

フラーレン女子部

フラーレン配合コスメ体験レポート ~ビューティーモール編2~

肝斑はシミの一種!肝斑の治療法とシミのメカニズムを徹底解説

ビューティー

肝斑はシミの一種!肝斑の治療法とシミのメカニズムを徹底解説

フラーレン配合コスメ体験レポート ~チューンメーカーズ編~

フラーレン女子部

フラーレン配合コスメ体験レポート ~チューンメーカーズ編~

世界初の水溶性フラーレン化粧品原料「ラジカルスポンジ」

フラーレンとは?

世界初の水溶性フラーレン化粧品原料「ラジカルスポンジ」

美容効果抜群!「牡蠣と白菜の豆乳味噌クリーム煮」のレシピ

ビューティー

美容効果抜群!「牡蠣と白菜の豆乳味噌クリーム煮」のレシピ

フラーレンの発見者はノーベル賞を受賞!フラーレン化粧品原料の誕生へ

フラーレンとは?

フラーレンの発見者はノーベル賞を受賞!フラーレン化粧品原料の誕生へ

フラーレン配合コスメ体験レポート ~NKラボ編~

フラーレン女子部

フラーレン配合コスメ体験レポート ~NKラボ編~

フラーレン配合化粧品体験レポート ~ヴィジーン編・2~

フラーレン女子部

フラーレン配合化粧品体験レポート ~ヴィジーン編・2~

フラーレン配合コスメ体験レポート ~ビューティーモール編~

フラーレン女子部

フラーレン配合コスメ体験レポート ~ビューティーモール編~

紫外線から肌を守る!日焼け止めに最適な「サンガードフラーレンA」

フラーレンとは?

紫外線から肌を守る!日焼け止めに最適な「サンガードフラーレンA」

フラーレンでお悩み解決 ~ニキビ~

フラーレンとは?

フラーレンでお悩み解決 ~ニキビ~