知っておきたい! 冬の紫外線対策のポイント

知っておきたい! 冬の紫外線対策のポイント

冬の紫外線対策、なぜ必要?


夏はしっかりと紫外線対策するけれど、夏に比べると日差しが強くない冬は、日焼けしないイメージがあるかもしれません。たしかに、冬は夏に比べて紫外線の量が少なくなりますが、ゼロになるというわけではありません。
冬ならではの注意点もあるので、今のうちにチェックしておきましょう。

冬でも紫外線対策が必要な理由は?


紫外線の種類や、夏と冬で紫外線量の違いはどの程度なのか。そして、冬におすすめの日焼け止めを紹介していきます。
  • 紫外線の種類と季節による量の違い
地表に届く紫外線には、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)があります。
シワやたるみの原因となるUVAは、波長が長く、雲や窓ガラスを通り抜けるので、曇りの日や家の中でも注意が必要です。UVAよりも波長が短いUVBは、エネルギーが強く、炎症を引き起こして、シミなどの原因になります。UVBの量は、冬になっても夏の5分の1程度の量が降り注ぎます。紫外線の約9割を占めるUVAは、冬でも夏の半分程度しか下がらず、変化が少ないため、冬であっても注意が必要なのです。
  • おすすめの日焼け止め
春夏は、日焼け止めを塗っていても、冬はあまり気にしていなかったという方も多いのではないでしょうか。
先ほどお伝えしたように、紫外線は、1年を通して降り注ぎ、肌に影響を与えるため、冬でも油断できません。
この時期も紫外線対策として、日焼け止めを毎日塗るようにしましょう。乾燥が気になる方は、「セラミド」などの保湿成分が配合されているものがいいですね。高い抗酸化作用をもつ「フラーレン」が入った日焼け止めもおすすめ。フラーレンには、赤みを抑制する効果もあります。さらに、日焼け止めを塗った後にファンデーションやフェイスパウダーを重ねると、紫外線防御力がアップしますよ。

冬のレジャーでの紫外線対策について


次は、冬ならではの注意点と、冬のレジャーでの紫外線対策方法について紹介していきます。
  • 雪による反射紫外線に注意!
太陽から直接届く紫外線のほか、冬に注意したいのが、雪による反射です。新雪の反射率は80%といわれているので、量自体は少なくても、紫外線によるダメージを受ける場合があります。また、紫外線の量は、標高1000mごとに10%増加するといわれています。標高が高くなればなるほど、直接当たる紫外線量も増えますから、雪山で行うスキースノーボードなどに出かける時には、特に注意が必要です。
  • ウインタースポーツ時の日焼け対策
雪山に出かける際は、日焼け対策が必須です。
スポーツをすると汗をかくこともあるので、ウォータープルーフの日焼け止めがおすすめ。ムラなく均一にのばすのがポイントです。首元や耳の裏、髪の生え際などは、塗り忘れやすい部分なので、しっかり塗っておきましょう。
日焼け止めは、2〜3時間おきに塗り直すと効果が持続します。また、UVカット効果のあるゴーグルやサングラスをつけることで、目から入ってくる紫外線も防ぐことができますよ。

冬も気を抜かず、紫外線対策を!


美肌を目指すには、季節を問わず、日焼け止めなどで紫外線対策することが大切です。
特に冬のレジャーは、万全な対策をして楽しみたいですね。また、乾燥した肌はバリア機能が低下し、紫外線の影響を受けやすい状況にあるため、日頃のお手入れで入念な保湿ケアを心がけましょう。


文 :コスメコンシェルジュ・コスメライター 星乃 瑠璃波


▼ SNSも随時更新中! いいね!、フォロー 嬉しいです。
フラーレン美ラボ公式 Instagram 【ID】@fullerene/beauty で検索★

ACCESS RANKINGアクセスランキング

知って得する! フラーレンのロゴマークについて

フラーレンとは?

知って得する! フラーレンのロゴマークについて

フラーレンマークって?フラーレンのロゴマークをおさらい!

フラーレンとは?

フラーレンマークって?フラーレンのロゴマークをおさらい!

10年後キレイでいたいなら、今すぐやめて! オバサン化を加速させる5つのNG習慣

ビューティー

10年後キレイでいたいなら、今すぐやめて! オバサン化を加速させる5つのNG習慣

肝斑はシミの一種!肝斑の治療法とシミのメカニズムを徹底解説

ビューティー

肝斑はシミの一種!肝斑の治療法とシミのメカニズムを徹底解説

くもりや雨でも日焼け対策必須! 油断大敵、梅雨時期の紫外線

ビューティー

くもりや雨でも日焼け対策必須! 油断大敵、梅雨時期の紫外線

フラーレン配合コスメ体験レポート ~トゥヴェール「水溶性フラーレン」~

フラーレン女子部

フラーレン配合コスメ体験レポート ~トゥヴェール「水溶性フラーレン」~

加齢だと思っていた、その肌トラブル、紫外線が原因かも。

ビューティー

加齢だと思っていた、その肌トラブル、紫外線が原因かも。

相性抜群!ビタミンCとフラーレンで最強エイジングケア

フラーレンとは?

相性抜群!ビタミンCとフラーレンで最強エイジングケア

君島十和子さんにインタビュー! FTCブランドのキー成分 「フラーレン」の魅力について語ります<後編>

化粧品のヒミツ

君島十和子さんにインタビュー! FTCブランドのキー成分 「フラーレン」の魅力について語ります<後編>

知って得する!それぞれの抗酸化成分の違いと特長

フラーレンとは?

知って得する!それぞれの抗酸化成分の違いと特長

目指すは左右対称!顔のゆがみを整えるセルフ美顔術

ビューティー

目指すは左右対称!顔のゆがみを整えるセルフ美顔術

紫外線に負けない肌へ! おすすめの対策とマスク焼け予防のコツ

ビューティー

紫外線に負けない肌へ! おすすめの対策とマスク焼け予防のコツ

ベースメイクとスキンケアが重要!メイクアップに欠かせないキレイ肌の秘訣

フラーレンとは?

ベースメイクとスキンケアが重要!メイクアップに欠かせないキレイ肌の秘訣

5月病を乗り切るために!取り入れたい美容・エクササイズ・リラックス習慣6選

ビューティー

5月病を乗り切るために!取り入れたい美容・エクササイズ・リラックス習慣6選

世界初の水溶性フラーレン化粧品原料「ラジカルスポンジ」

フラーレンとは?

世界初の水溶性フラーレン化粧品原料「ラジカルスポンジ」